ライザップ


映画や書籍紹介をはじめ、iPhoneやMacintosh、Windows、IT、ガジェット関連の話題、野球や格闘技をはじめとするスポーツの話題、フィットネスやダイエット等を含めた食材、食事、お酒、居酒屋、B級グルメ関連、そしてアフィリエイトを含めた巷の話題や小ネタなどなど、いわゆるニュースキュレーション的なブログですが、それらの話題をnoriぶろぐ独自の視点により紹介・解説しております。どうぞ、よろしくお願いします!


女性のリズムとホルモンバランスに対応したW処方を実現。「プエラリア・ミリフィカ」「エラスチン」配合 。安心の90日間全額返金保証



病気への抵抗力や代謝を促進して身体を内側からケア!肌にワンランク上の艶めきをもたらす美容サプリ



一歩上を行く飲む日焼け止め!紫外線防止と美白を同時に実現!



返金保証だから安心!血流さらさら効果で血栓症予防や脳機能改善!8種のビタミンもプラス。



人気ブログランキング


映画ランキング

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット体験記へ
にほんブログ村

ガラポン

ギャラリー
  • 藁の楯/三池崇史・原作:木内一裕――人間のクズを自らが楯になり守らなければならない警察官の矜持
  • 藁の楯/三池崇史・原作:木内一裕――人間のクズを自らが楯になり守らなければならない警察官の矜持
  • 村田諒太、WBA世界ミドル級タイトル奪取失敗の噂の真相――日本人キラーとジャッジの高齢化問題
  • 村田諒太、WBA世界ミドル級タイトル奪取失敗の噂の真相――日本人キラーとジャッジの高齢化問題
  • 村田諒太、WBA世界ミドル級タイトル奪取失敗の噂の真相――日本人キラーとジャッジの高齢化問題
  • ダイエット女子にこそ必要なタンパク質が摂れるタンパクオトメの効果的な飲み方とは?
  • 新労使協定と新ポスティング制度交渉の間で大谷翔平のメジャー移籍はどうなってしまうのかぁ?
  • 新労使協定と新ポスティング制度交渉の間で大谷翔平のメジャー移籍はどうなってしまうのかぁ?
  • 日本の黒い夏 [冤enzai罪]/熊井啓――日本中が警察・マスコミに踊らされた松本サリン事件の本当の被害者は?
  • 日本の黒い夏 [冤enzai罪]/熊井啓――日本中が警察・マスコミに踊らされた松本サリン事件の本当の被害者は?
  • 誰も守ってくれない/君塚良一――殺人犯の妹というだけで加害者扱いしてしまう日本社会の闇
  • 凶悪/白石和彌(原作・「新潮45」編集部 )――ある死刑囚の告発・極悪非道ぶりがハンパない!
  • 日本で一番悪い奴ら/白石和彌(監督)・綾野剛(主演)――己の立場をわきまえないヤツらの相互信頼とその崩壊
  • 斎藤佑樹は開幕4勝10敗の最下位日ハムの救世主になれるのか?――大谷、中田、斎藤の鎌ヶ谷集結問題
  • 植物由来の人工肉Impossible Foodsを使ったImpossible Burgerは本当に安全なのか?――環境問題解決の一手段
  • 植物由来の人工肉Impossible Foodsを使ったImpossible Burgerは本当に安全なのか?――環境問題解決の一手段
  • 各メーカーが日本市場テコ入れでカッコいいスポーツカーも目白押し?!――第45回東京モーターショー
  • 各メーカーが日本市場テコ入れでカッコいいスポーツカーも目白押し?!――第45回東京モーターショー
  • 各メーカーが日本市場テコ入れでカッコいいスポーツカーも目白押し?!――第45回東京モーターショー
  • 各メーカーが日本市場テコ入れでカッコいいスポーツカーも目白押し?!――第45回東京モーターショー
  • パッケージのインパクトに目を奪われて思わず買ってしまったカップ麺――ペヤングソースやきそばプラス納豆
  • パッケージのインパクトに目を奪われて思わず買ってしまったカップ麺――ペヤングソースやきそばプラス納豆
  • パッケージのインパクトに目を奪われて思わず買ってしまったカップ麺――ペヤングソースやきそばプラス納豆
  • パッケージのインパクトに目を奪われて思わず買ってしまったカップ麺――ペヤングソースやきそばプラス納豆
このブログについて


送信フォーム

スポンサードリンク





村田諒太の敗戦と判定を検証する。実は亀田戦と同じジャッジが!?

村田諒太の不可解判定の背景に何があったのか? | THE PAGE

村田の不可解判定負けは「無効試合にすべき」と世界的プロモーターが主張


村田3
(C)numberweb


WBAが世界中から批判を浴びた村田判定負けの裏側とは?


今月20日に行われたWBA世界ミドル級王座決定戦で、村田諒太(帝拳)は残念ながら世界王座獲得には至りませんでした。ロンドン五輪の金メダリストでもある村田は、5年をかけWBAの2位にランキングされ、1位のアッサン・エンダム(フランス)との決定戦となったのですが、不可解な1-2の判定負けを喫しました。ご存知のように、日本のみならずアッサン・エンダムの地元フランスを含め、世界中から批判が噴出しているこの試合を改めて振り返りたいと思います。

村田が4回にダウンを奪い、試合を優勢に進めているように見えただけに、村田陣営の怒りは収まらず、多くのメディアは「不可解判定」とジャッジを非難、WBA会長が異例の“謝罪声明”を発表するなど、騒ぎが広がった。


2-1、スプリット・デシジョン。まずはコレをどう解釈するのかが問題でしょう。というのも、通常スプリット・デシジョンの場合、いわゆる接戦であるがゆえに判定が割れてしまい、結果的に2-1という僅差になることが多いわけですが、今回の判定スコアは

エンダム優勢派
ヒューバート・アール氏(カナダ)115-112
ウスタボ・パディージャ氏(パナマ)116-111
村田諒太優勢派
ラウル・カイズ・シニア氏(アメリカ)110-117
※右側の太字が村田選手のポイント

という具合に、最低でも3ポイント差が付いており、各ジャッジの評価はとても僅差であったとは言い難いようです。例えばコレが、113-112、114-111、113-115くらいで最大差が3ポイントであれば、エンダムを支持したジャッジについて、私たちのようなシロートでも“ああ、手数を優先的にジャッジしたのだな”と、ある意味納得できたと思うのです。

ところが、1人は7ポイント差で村田の大勝、残りの2人はそれぞれ3ポイント、5ポイントと明確にエンダム優勢と支持しているわけです。つまり、ジャッジの方々の見方、視点、ポイントの付け方がまったく違っていることを示していて、ジャッジ一人ひとりは当該の選手が僅差で相手を上回ったとは考えていないことになります。それなのに、結果的に2-1の僅差。今回は、なぜこのような事がおきてしまったのでしょうか?


WBAでは国際ジャッジになるための資格試験や実技テストを実施しない!

村田1
(C)THE PAGE


まずもって問題だと感じるのは、国際ジャッジになるための厳格な試験や審査が存在しないということです。つまりWBAでは、
国際ジャッジになるためのワールドスタンダードはないのだ。だから人によって採点基準がバラバラというようなことが起きるし、特にWBAではこの手のトラブルが耐えない。

ということがけっこう頻繁に起きているらしいのです。それどころかWBAの
総会に参加して登録料を払って申し込めば、誰でも審査を受けることができる。機構側が、その申し込んだ人物の所属統括団体に問い合わせて、審査して認められれば、それで国際ジャッジになれるのだ。

という。コレでは命をかけて戦っているボクサーは堪ったものではありません。特に、116-111でエンダム選手を支持したパナマのウスタボ・パディージャ氏は、度々このような採点をしているようで、更に言えば、日本人選手キラーとも言えるジャッジのようなのです。

パディージャ氏はベテラン審判員で、来日経験も豊富だ。近年では2014年大みそかに来日しており、三者三様のドロー判定となった河野公平(ワタナベ)とノルベルト・ヒメネス(ドミニカ共和国)のWBAスーパー・フライ級タイトルマッチでは、ヒメネスの勝利と採点した。内山高志(ワタナベ)がイスラエル・ぺレス(アルゼンチン)に9回終了TKO勝ちしたWBAスーパー・フェザー級戦では、他の2人が大差で内山リードとつけながら、9回までドローと採点している。

更には、あの亀田興毅vsフアン・ランダエタ(ベネズエラ)が対戦したWBAライト・フライ級王座決定戦でもジャッジを務めており、このときはランダエタの勝ちと採点したようです。これらのことから導き出されるのは、パディージャ氏は地元選手に対し厳しい採点をしてまでも、手数の多い選手を支持する傾向にあり、そこにこそ強い信念を持っているジャッジなのだということでしょう。


ジャッジの高齢化が村田選手の不利に働いた可能性

村田2
(C)THE PAGE


今回の3人の年齢を見ると、パナマのパディージャは59歳、アメリカのカウル・シニアは60歳、カナダのアールは70歳だった。59歳と60歳は経験豊富なベテランと見れるが、70歳はどうだろうか。


そもそもジャッジは、ほとんどリングに接するくらいの最前列に、一段高くなった特別のジャッジ席が設けられており、そこから試合を見て採点をしているということです。誰よりも近い場所から試合を見ているわけなので、パンチが当たったのか、当たっていないのかのより正確な判断や、選手へのダメージなども窺え、手に取るようにわかるのです。

しかしながら、世界戦クラスともなると私たちのようなシロートの目には、正確な判断ができないような速さでパンチが交錯しています。もちろん、ほとんどのジャッジはボクシングの経験者なのですが、目にも留まらぬ動きを確実に視覚に捉えて判断するには、それ相応の動体視力が必要とされるのは言うまでもありません。

そして、その動体視力は、年齢と共に衰えていくものだが、国際ジャッジに定年制はなく、前述したようにそもそも資格テストもない。年齢に応じての定期的な資格審査などもないため、よほどのことがない限りなかなか引退せず、WBAに限らずどんどん高年齢化しているという。

だからと言って、このカナダのアール氏がパナマのパディージャ氏のような“明確な意図”があってジャッジをしたとは思えませんが、

エンダムのパンチがほとんどブロックされていたことや、村田のボディ攻撃がダメージを与える有効打だったことを正確に判断することができていたのだろうか、という疑念さえ抱く。

というのも事実です。更には、世界的プロモーターであるトップランク社のボブ・アラム氏は、この試合をノーコンテスト(無効試合)にすべきだと主張。この試合の判定を巡っては、日本のみならず世界中に波紋が広がっているのです。

また、帝拳の本田会長も“ジャッジ2人を処分しなければ再戦交渉しない”と発言しているようですし、何とも後味の悪い試合になってしまったことは否めません。しかし、やはり一番悔しいのは当の村田諒太選手であるのは間違いないと思いますし、言うのは簡単で失礼かもしれませんが、この悔しさをバネにもう一度世界獲りに挑戦していただきたいと願うのは、決して私だけではないハズです。



 動画配信でスポーツのライブ中継他、いろんな映画やドラマ、アニメ、地デジまで観放題!?
【300×250】ソフトバンク株式会社/スポナビライブ【300×250】【無料お試し】ガラポン株式会社/ガラポンTV


最後まで読んでくれてありがとうございます。
シェアしていただけると大変嬉しいです!
よろしくお願いします。m(_ _)m


ブロトピ:今日のブログ更新:ブロトピ



スポンサードリンク


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サイト内検索

ハリウッドスター御用達!話題のミラクルダイエット。短期間のダイエットに!



汗の臭いが気になる方や多汗症の悩みは、これで一気に解決!



安心の返金保証!汗を抑え、体臭を予防する定番商品!日焼け止め効果は、驚きのSPF30♪


アフィリエイトフレンズ








【234×60】エックスモバイル株式会社/【もしもシークス】オンラインストア



楽天市場
おすすめ記事
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
ライザップ