ライザップ


映画や書籍紹介をはじめ、iPhoneやMacintosh、Windows、IT、ガジェット関連の話題、野球や格闘技をはじめとするスポーツの話題、フィットネスやダイエット等を含めた食材、食事、お酒、居酒屋、B級グルメ関連、そしてアフィリエイトを含めた巷の話題や小ネタなどなど、いわゆるニュースキュレーション的なブログですが、それらの話題をnoriぶろぐ独自の視点により紹介・解説しております。どうぞ、よろしくお願いします!


女性のリズムとホルモンバランスに対応したW処方を実現。「プエラリア・ミリフィカ」「エラスチン」配合 。安心の90日間全額返金保証



病気への抵抗力や代謝を促進して身体を内側からケア!肌にワンランク上の艶めきをもたらす美容サプリ



一歩上を行く飲む日焼け止め!紫外線防止と美白を同時に実現!



返金保証だから安心!血流さらさら効果で血栓症予防や脳機能改善!8種のビタミンもプラス。



人気ブログランキング


映画ランキング

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット体験記へ
にほんブログ村

ガラポン

ギャラリー
  • 藁の楯/三池崇史・原作:木内一裕――人間のクズを自らが楯になり守らなければならない警察官の矜持
  • 藁の楯/三池崇史・原作:木内一裕――人間のクズを自らが楯になり守らなければならない警察官の矜持
  • 村田諒太、WBA世界ミドル級タイトル奪取失敗の噂の真相――日本人キラーとジャッジの高齢化問題
  • 村田諒太、WBA世界ミドル級タイトル奪取失敗の噂の真相――日本人キラーとジャッジの高齢化問題
  • 村田諒太、WBA世界ミドル級タイトル奪取失敗の噂の真相――日本人キラーとジャッジの高齢化問題
  • ダイエット女子にこそ必要なタンパク質が摂れるタンパクオトメの効果的な飲み方とは?
  • 新労使協定と新ポスティング制度交渉の間で大谷翔平のメジャー移籍はどうなってしまうのかぁ?
  • 新労使協定と新ポスティング制度交渉の間で大谷翔平のメジャー移籍はどうなってしまうのかぁ?
  • 日本の黒い夏 [冤enzai罪]/熊井啓――日本中が警察・マスコミに踊らされた松本サリン事件の本当の被害者は?
  • 日本の黒い夏 [冤enzai罪]/熊井啓――日本中が警察・マスコミに踊らされた松本サリン事件の本当の被害者は?
  • 誰も守ってくれない/君塚良一――殺人犯の妹というだけで加害者扱いしてしまう日本社会の闇
  • 凶悪/白石和彌(原作・「新潮45」編集部 )――ある死刑囚の告発・極悪非道ぶりがハンパない!
  • 日本で一番悪い奴ら/白石和彌(監督)・綾野剛(主演)――己の立場をわきまえないヤツらの相互信頼とその崩壊
  • 斎藤佑樹は開幕4勝10敗の最下位日ハムの救世主になれるのか?――大谷、中田、斎藤の鎌ヶ谷集結問題
  • 植物由来の人工肉Impossible Foodsを使ったImpossible Burgerは本当に安全なのか?――環境問題解決の一手段
  • 植物由来の人工肉Impossible Foodsを使ったImpossible Burgerは本当に安全なのか?――環境問題解決の一手段
  • 各メーカーが日本市場テコ入れでカッコいいスポーツカーも目白押し?!――第45回東京モーターショー
  • 各メーカーが日本市場テコ入れでカッコいいスポーツカーも目白押し?!――第45回東京モーターショー
  • 各メーカーが日本市場テコ入れでカッコいいスポーツカーも目白押し?!――第45回東京モーターショー
  • 各メーカーが日本市場テコ入れでカッコいいスポーツカーも目白押し?!――第45回東京モーターショー
  • パッケージのインパクトに目を奪われて思わず買ってしまったカップ麺――ペヤングソースやきそばプラス納豆
  • パッケージのインパクトに目を奪われて思わず買ってしまったカップ麺――ペヤングソースやきそばプラス納豆
  • パッケージのインパクトに目を奪われて思わず買ってしまったカップ麺――ペヤングソースやきそばプラス納豆
  • パッケージのインパクトに目を奪われて思わず買ってしまったカップ麺――ペヤングソースやきそばプラス納豆
このブログについて


送信フォーム

スポンサードリンク




誰も守ってくれない


手紙(東野圭吾)の上を行く日本社会の闇っぷりがスゴい!

ほとんどの場合、映画を観る前にあらすじを読んで映画の方向性を確認するのですが、読んでまず思ったのが、これは東野圭吾の「手紙」と同じじゃないか!いうことでした。つまり、殺人犯の家族であるための苦悩と、日本社会の闇の部分を描くみたいな内容ですね。

しかし、映画を観始めてというか、観終わって感じたのは「手紙」よりも主人公の置かれる境遇が更にヘビーだということ。脚本は“第32回モントリオール世界映画祭にて最優秀脚本賞受賞”した秀逸な作品。基本的には“誰も守ってくれない”加害者家族としての妹を、トラウマを抱えた刑事が守るというストーリ展開ですが、Netで晒されたり家族や元被害者家族との行き違いがあったり、ヤキモキすることこの上ありません。

当たり前の事ですが、人間は誰でも自分自身の視点でしかモノを見ることができません加害者と被害者は、永遠に相容れることはできないのです。改めて、そのようなことを考えさせられる1本でした。

主人公はじめ脇を固める豪華キャスト陣も見もの

「手紙」ももちろん良かったのですが、こちらの方がキャストがスゴいですね。

佐藤浩市はやっぱり雰囲気ありますし、佐野史郎も嫌なヤローの感じが絶妙でした。松田龍平も今まで観た映画の中では一番良かったけれども、まだまだオヤジには敵いません。というか、オヤジのようなワイルドな役柄よりも、「舟を編む」で主演した時の地味でおとなしい感じの役の方があっていると思いますね、たぶん。

最後に、石田ゆり子と木村佳乃も良かったですよ。タイプは全く違う二人ですが、個人的には二人とも結構好みだったりするわけです(笑)。どちらにしても、観ておくべき作品と言える1本です。





 動画配信を利用すれば、いろんな映画やドラマ、アニメが観放題!?



最後まで読んでくれてありがとうございます。
シェアしていただけると大変嬉しいです!
よろしくお願いします。m(_ _)m


ブロトピ:今日のブログ更新



スポンサードリンク


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
サイト内検索

ハリウッドスター御用達!話題のミラクルダイエット。短期間のダイエットに!



汗の臭いが気になる方や多汗症の悩みは、これで一気に解決!



安心の返金保証!汗を抑え、体臭を予防する定番商品!日焼け止め効果は、驚きのSPF30♪


アフィリエイトフレンズ








【234×60】エックスモバイル株式会社/【もしもシークス】オンラインストア



楽天市場
おすすめ記事
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
ライザップ